英語必修化の荒波をどう受け止め、どう乗り切るか

小学生からの英語が必修となりました。

今後、高校入試、大学入試の英語は今まで以上の劇的な難化が予定されています。

高いハードルを乗り越えるためには、小学生の間に英語を得意科目にしておく必要があります。

英語教科への手厚い指導が望まれる一方、小学校の先生は、今まで本格的な英語の指導経験を積んでいないのが実情です。

経験が無いために、学校での授業は、映像教材を見せるだけの垂れ流し指導となる可能性が大きくあります。

学校任せでは、英語力の育成に十分な環境とは言えません。

塾でしっかりと学び、小学生の間に確たる英語の基礎を身につけることで、中学、高校での学力優位が図れます。

 

書く力、覚える力を鍛える

小学校で軽視されがちな書く、覚えるを重視

文科省の方針で、小学校の授業では基本的に英語の暗記テストは行われません。

これは、「英語嫌いを作らない」との方針によるものです。

しかし、中学校からは今まで同様、英語のテストは行われます。

それどころか、中学校以降、今までとは比較にならない程の劇的な難化が予想されます。

下の図をご覧ください。

これは文科省が発表した資料ですが、今までに経験が無いレベルの英語強化革命です。

中学校卒業時点を比べても、今までの習得単語数1200語に対して、

必修化以降では小学校の700語+中学校の1800語 計2500語と、実に倍の単語を習得するカリキュラムとなっております。

これだけ多くの単語を、中学校3年間だけで覚えるのは至難の業です。

高校入試で英語が足を引っ張らないようにするには、小学校のうちから英単語を覚える訓練をしていく必要があります。

前述の通り、文科省の方針で、小学校では暗記テストを実施出来ません。

ではご家庭でとなりますが、現実的には難しいでしょう。

そこで塾の出番です。

今まで中学生を指導してきた経験、ノウハウを最大限活かし、小学校では重視してくれない「書いて覚える」力を徹底的に指導します。

小学校の数年間、学校の授業をただ漫然と受けるか、目的意識を持って受けるかで、その後の学力に大きな差が生まれるでしょう。

小学校 学校で実施予定のカリキュラム例

 

お月謝および時間・回数について

本講座は、小学生の基幹講座である「算・国・脳トレ」または「パズル道場」との併用受講をオススメしております。

また、併用受講の場合、複数講座割引が適用され、お得になります。

例★「算・国・脳トレ」週2コマ+小学英語週1コマ の月謝例

計週3コマ(月12コマ各60分) ¥10,000-➡¥9,000-(税抜)

 

例★「算・国・脳トレ」週2コマ+小学英語週2コマ の月謝例

計週4コマ(月16コマ各60分) ¥13,000-➡¥12,000-(税抜)

 

他、様々な組み合わせが可能です。

お見積もりは完全無料ですので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

入塾を迷われる方は、ぜひ無料体験(2週間)を受講ください。

無料体験は下記からご連絡が可能です。

お名前を教えてください♪*


メールアドレスを入れてください(お返事します♪)*


ご興味のあるものにチェックをお願いします♪
学習塾(小)学習塾(中)学習塾(高)パズル道場ロボットプログラミング速読英語科学教室脳トレ教室読む蔵英会話大人の脳トレ倶楽部英検漢検数検資格試験通信生(資格試験)通信生(高校生)


件名


メッセージ本文

確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめくださいませ。
お名前とメールアドレスは必須項目*です。